演劇 theater

■佐伯市こどもミュージカル

【プロフィール】
2014(平成26)年度に子どもたちに芸術を愛する心とコミュニケーション能力の育成を目的として始まった佐伯市こどもミュージカルは今年で9年目を迎え、多くの市民が校区や世代を超えて参画し、子どもが主人公の佐伯市オリジナルの舞台づくりを行っています。
2018(平成30)年度の国民文化祭では、市民とプロの芸術家、さらには沖縄県浦添市のこどもミュージカルとのコラボにより総勢180人の舞台で大分県を盛り上げました。
さらに、2020(令和2)年度には、さいき城山桜ホールの開館記念事業において、宇目神楽保存会との共演を行うなど、従来の枠を超えた連携の可能性を示すなど、体験や学びのすそ野を広げています。2021(令和3)年には、津久見樫の実少年少女合唱団を招聘し、佐伯市初となる大分県子どもの舞台芸術フェスティバルを開催しました。
今年度2022(令和4)年度は小学1年生から高校生までの25校の学校から60名の児童生徒のほか、学生や大人、実行委員会と、総勢125名がこどもミュージカルに関わり、仲間の大切さ、伝え合う力の大切さを学んでいます。
今年度2022(令和4)年度は小学1年生から高校生までの25校の学校から60名の児童生徒のほか、学生や大人、実行委員会と、総勢125名がこどもミュージカルに関わり、仲間の大切さ、伝え合う力の大切さを学んでいます。
今年度は、
・全国乾椎茸振興大会「しいたけミュージカル:おかあさんのしいたけごはん~1945~」(8月7日)
・東アジア文化都市交流事業(韓国慶州市との交流)「ムスカリの花~お為半蔵口説から~」(11月3日、1月29日)の公演をさいき城山桜ホールで行います。
佐伯市のこどもミュージカルは、障がいがあってもなくても、引っ込み思案でも、活発でも、全ての子どもたちには舞台での役割があり、自信をつけていきます。

ミュージカル「」さまざまなことを学びます

そして、舞台のみならず、地域イベントなど、まちを元気にする取り組みにも参加し、ミュージカル「で」学ぶ場づくりを進めています。
【運営団体】
佐伯市こどもミュージカル実行委員会
所在地 〒876-0845 大分県佐伯市内町1番6号
TEL・FAX:0972-28-5544
      090-5944-0816
Mail:saikikodomo@icloud.com

※通常の稽古は毎週金曜日19時~20時30分に「なかまちプラザ・旧よろうや仲町」で行っています。お気軽にお立ち寄りください。

🄫2024佐伯市文化芸術交流課